2019年06月01日

芍薬とベゴニア


暑かったり寒かったりと、気温の変化が激しい日々・・・。
みなさまはどうお過ごしでしょうか。
お洋服で夏物を出していいものか、春物で少し暑くても我慢すべきか・・・。
毎朝通勤前に頭の中で会議を繰り広げております(´・ω・`;)

さて記事のタイトルにあります二つのお花。
芍薬(しゃくやく)とベゴニアでございますが、
昨日、来院された患者さんからの頂き物!
まさかこんなに綺麗に咲くとは!
下のお写真、ピンクのお花が芍薬
赤く、小さなものがベゴニアです!
クリニックの外来に飾っている芍薬ですが、色の種類はいくつかあるようで
診察室のほうには白い芍薬が満開でございます!
芍薬と言えば、美しい女性のしぐさは
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というたとえもあるくらい!
本当に綺麗に咲いてくれています

 
芍薬


ベゴニア

春の花が咲いて、つぎはどんなものが見られるのか
これもひとつ季節を感じるところですね*´v`* 
posted by healサン at 13:48| 田代クリニック日記